◆社会保険労務士の難易度

①合格率は?
②試験形式は?
③標準学習時間は?

②試験形式は?

科目 選択式試験 択一式試験
労働基準法及び労働安全衛生法 1問 10問
労働者災害保障保険法 3科目 7問
雇用保険法 7問
労働者の保険料の徴収等に関する法律 2問 6問
労務管理その他の労働に関する一般知識 1問 5問
社会保険に関する一般知識 1問 5問
健康保険法 1問 10問
厚生年金保険法 1問 10問
国民年金法 1問 10問
合計 8問 70問

選択式試験について

社会保険労務士試験で出題される選択式試験とは、穴埋め式と呼ばれる
もので、文章中の( )の中にあてはまる語句を1つ選ぶという問題形式です。選択式試験では、全8科目それぞれ1つの問題文が出題され、
1つの問題文につき空欄の箇所が5つあります。そして空欄にあてはまる語句を20個の選択肢から選びます。

択一式試験について

択一式試験とは、各問題の解答を5つの文章から、1つを選ぶという問題形式です。

試験時間について

選択式試験の時間は80分間で、1科目につき10分の時間配分なので、
落ち着いて取り組めば、失敗が少ない問題形式といえるでしょう。
そして、択一式試験の時間は3時間30分(210分)で、1問につき3分の時間配分です。1問につき3分あれば、余裕があると思われるかもしれませんが、実際では焦りと緊張感がプラスされ、ほとんどの受験生が
「時間が足りない」と感じたと思います。

社会保険労務士試験の最大の難関は択一式です。
問題がとても長く、読むだけで大変。しかも210分という長時間の試験
なので、集中力を持続するだけでも本当にキツイのです。
私の場合、不合格となった1度目の試験では、問題を読むだけで頭が
パンクしそうになり、落ち着いて解くことができませんでした。
この対策としては、日頃から問題演習で長文に慣れておくこと
時間配分を守り、集中力を持続させることが必要です。

但し社会保険労務士は受験資格があり、誰でも受験できるわけではありません。 詳しい資格はこちらでご確認下さい。

通学する時間あります?
社労士の教材に何十万円も払えますか?
独学で合格する自身はありますか?
合格に必要な知識だけ効率よく得たいと思いませんか?
オススメ勉強法 >> まずは無料教材をゲット!